【フランス人の仕事観】本当にそんなに仕事をしないのか?

わたしはフランスに来る前は、フランス人はバケーションばかり取って(ごめんなさいごめんなさい) 毎日定時で帰って なんならコーヒーブレイクもしょっちゅうして 仕事なんて彼らにしたらそんなに大切じゃないんだろう。。。 と勝手に思っていました。 そんな風に思っている方も多いんじゃないかな?? フランス人のお友達が増えるに連れて 仕事観についても話す機会が多くなり その中で気がつくことも多かったので今日は フランス人の仕事観 について。 ※ あくまでもわたしの周りの友人達のお話をもとにEmiが感じる部分を書いています。決して全てのフランス人を代表するような考え方ではないのでご了承くださいね^^ まずわたしが最初に驚いたのは 1: フランスにも、いわゆる日本でいうところの 一般職総合職 が存在すること。 良くも悪くも差別化されています。 cadre(カードル/キャードル) と呼ばれるものでCadre Non cadre かで、お給料はもちろんのこと、待遇も全て変わります。Cadreは、いわゆるキャリア組・幹部候補のような意味合いもあるので、その分、Non Cadreよりも責任感も重く時給でお給料が決まるわけではなくいわゆる裁量労働制になります。その分、お給料はNon Cadreより高い事が多いです。裁量労働制ということは、労働時間が決まっているわけではないので、自分に与えられたミッションなどに対して早く終わればも…

続きを読む

フランス人は本当に10着しか服を持たないのか?

フランスで生活していて、よく聞かれる質問の一つに(日本人から) フランス人って本当に10着しか服をもっていないの? というものがあります。 この質問は、どうやら日本で流行ったコチラの本 フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~ - の影響があるようです… まずは、その質問に答えると そんな事ないです笑(@_@) というのが私の回答です 夢も何もなくてごめんなさいねぇ~笑 ふっつーーーに クローゼットいっぱいに服をもっているよ というのが、わたしが自分の周りのフランス人を見る限りの印象です。 でもそこはもちろん、人によって違いますし (日本人がみんな着物を着るかといえば、着物を着ないで生活してる人もたくさんいますし 一度も着物を着た事がない人だっているはずです) なので、フランス人は○○だと定義はできませんが 私の印象からお伝えすると、10着しか服をもってないという人はいません。 が 私がフランスと日本で大きく異なるなぁ~という印象を抱く点があります。 それは フランスではモノは捨てずに、必ず 修理したり 寄付したり リサイクルする という考え方です。 なので結果的に何か使わないものをため込むという事が少ないように思います。 もともと、フランスでは古いものが大切にされる文化があります。 アパートなどでも 近代的なマンションなどは なんだかこの(フランス…

続きを読む

物理的に○○できないから…と諦める前に

わたしが 心の声は、自分の圧倒的な豊かさへの羅針盤だよ と言っても、 心の声に耳を傾けても、 物理的に難しくて、そのままになってしまう… という声をよく聞きます。 物理的に難しいというのは、どういう事なのでしょうか?? 例えば・・・ 今日は本当は残業せずに、定時で帰って、 久しぶりに友達と一緒に花金を祝う予定だったのに… しかもレストランは、なかなか予約の取れない、あの有名店!! それにワクワクしながら今週も乗り切ってきたのに…!!! なのに上司からの急な依頼で、残業せずにはいられなくなった… もしかしてドタキャンすることになるかも。。。ちぃぃーーーん よくありがち?なシチュエーションですよね。 でも、 その上司からの依頼 あなたは 断ろうとしましたか??( *`ω´) 今日は、待ちに待った友達との約束だったのに、 その自分のドキドキわくわくの気持ちのために あなたは何かをしましたか…?? あなたがそのドキドキのために実際に何かを行動していない以上 あなたは自分自身に わたしの心ドキドキワクワク <  仕事(上司の願い) と言っているのと同じことになるのです。 つまり、あなたはあなた自身に わたしの心からの願いよりも 上司の願いの方が大切だ と言い聞かせているわけです。 そんな事言われたら、 あなたのなかのちびアナタはどんな顔をする…

続きを読む

Black Fridayって本当は何なのか知ってる?

最近、日本でもよく見かけるようになった、この Black Fridayブラックフライデー という言葉… また新しいものを誰かが商戦として持ち込んだんだなぁ… となぜか広告代理店とかのにおいをプンプン感じてしまったわたくしですが…(-_-;) そもそも、 みんなブラックフライデーの由来って知ってますか??? 今回はこのブラックフライデーのブラックな?起源をお伝えしようと思います。 その1) 1869年9月24日金曜日に起きた金融危機による説 ウォールストリート街で働くある二人の男性が 当時金を買い占め、金の価格を高騰させて莫大な利益を得ようと試みた。 二人の策略は見事に成功し、金の価格が高騰、それに伴い株価なども急激な価格破壊にあい 暗黒の金曜日 という意味あいの Black Friday と呼ばれるようになった。 その2) 商店などの売上が黒字になる金曜日説 ブラックフライデーは、日にちとしてはThanks Giving(感謝祭)の後の金曜日の事を指します。 当時、感謝祭直後はみんな浮かれ気分?で クリスマスプレゼントのための買い物や (感謝祭の約1か月後がクリスマスのため、今年のメインイベントも残すところクリスマス!みたいな感じ) 感謝祭時にもらったお小遣いなどでたくさんのお買い物をしたため 小売店などでは、お店の経営が黒字(Black)になった!! と喜んだだめのBlack Fridayと呼ばれる…

続きを読む

潜在意識の確認方法

質問があったので、回答いたします。 なんかもうこれは一行で終わってしまいますが・・・笑 あなたの潜在意識の確認方法 それは あなたの目の前の現実を見ること ただそれだけです笑 今、あなたの目の前の現実、あなたに起こっている事が あなたの潜在意識にある事なんです。 それは言い訳ができない まぎれもない事実・・・ だから ○○がいやだ、これが△△だ、誰々のせいだ・・・ って言ってるのも うわあぁぁ超ラッキーーー とおもうような出来事も ぜーーーんぶ、ぜーーーんぶ 自分の潜在意識の賜物なのです。 ◆───-- - - -            - - - – --───◆ だから、今の目の前の現実がいやだったら 潜在意識を変えればいいだけ。 ◆───-- - - -            - - - – --───◆ そんなこと言ったって、わたしこんなの望んでないよ! という方。 本当に 本当に ほんとーーーーーーーに そうですか??? ※ ここが嫌でみんな自分の内面を見ないんだとおもう。なぜなら私もそうだったから笑 わたしは、 自分が浮気された時に 「これが私の潜在意識が考えてた事なんて嘘だ! こんな苦しい思い、頼んでないよ!」 と思いました が、よくよく考えてみるとね、思い当たる節があったんです・・・Orz 別に彼が浮気しても、体の関係だけならいい。本命がわたしだったら、いつでも私のと…

続きを読む

感謝自慢のススメ 中級編

感謝自慢がサクサクと書けるようになってきた方 良い調子です ここで大切にして頂きたいのは たくさん書くことだけに熱中してしまわないこと。 たくさん感謝の気持ちが出てくるのは素晴らしいことですが その感謝している一つ一つの現象に 心からのありがとうの気持ちを持つことです。 量より質 ですね。 という事を念頭に、サクサクと感謝自慢書いてると 涙がちょちょぎれちゃうぜ。。。 という方に感謝自慢中級編です。 中級編と言っても難しいことは何もなくてですね 感謝自慢初級編 に加えて、 今日、その日に感謝したい事も書く のです。 具体的には 今日はこういう日にする と自分で決めちゃうのです笑 で、それが叶って嬉しいなぁ〜感謝感謝 と。 ちょっとアヤシイ人に聞こえるかもしれないけど・・・笑 もし○○だったら? という質問は、一旦自分から手放して見てください。 ○○は、起こるかもしれないし、起こらないかもしれない でも、起こらないかもしれない事を杞憂して今の自分の気持ちを味わえないよりは 起こるかもしれない方に自分の比重をおいて、今の自分の気持を楽しむ方が あなたの中のちびあなたが喜ぶのです。 そういう意味では もし○○だったら・・・ もし△△だったら・・・ もし・・・ もし・・・ もし・・・・ というもしもし教祖があなたを邪魔してくるかもしれないので、 中級編と言えるかもしれないですね。 もし…

続きを読む

カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを歩くための料金

レッドカーペット って言葉を聞くと、 わぁ〜華やか豪華ハリウッドスターモデル って思うかとおもいます(これ全部わたしが過去思ってたこと) なぜ思ってた という過去形かというと レッドカーペットはお金を払えば一般人でも歩ける※ ということを知ってしまったからです笑 ※実際にレッドカーペットを歩いたある投資家の友人談です。 芸能人の方とかで レッドカーペット行ってきまーすキャピ みたいな記事をよく見かけますが もちろん主催者からの正体枠で行かれる方も多いと思うのですが 実のところはお金で買えるものでもある。。。 そう思ったら、その金額がいくらであるにせよ なんだかあんまり うわぁ〜 ってならなくなりました笑 じゃあいくらくらいなのか といいますと それは実際はタブーな?お話のようなので、 具体的な数字については触れません。 お金がじゃぶじゃぶ溢れるところにメディアが行くから テレビや雑誌を通して情報を与えられている人にとっては なんだかそれがとってもすごい事のように見えちゃったりもしますが。。。 華やかですごいように見えていたものが 実は違かったのかもしれない・・・ レッドカーペットって 実はそんなに言うほど すごい事じゃないのかもしれない・・・笑 メディアが報道することって 実際は大した事ないのかもしれない・・・ 一週間、 いや、 一日でいいので、 テレビをオフにして 携…

続きを読む

感謝自慢のススメ 初級編

最近、お友達と 感謝自慢 なるものを交換しています。 なぜそんなものを始めたかというと 友達と話す時に これでもか っていうくらい みんなこぞって 自分の不幸な境遇や不満ばかりを話す... 不満グチのオンパレードで 疲れたわたしは、 あれ、ちょっと待てよ なんか不幸自慢ぽくなってないか? と気が付き、 じゃあ逆に幸せ自慢、感謝自慢をしたらどうなるんだろう?! と思ったことがキッカケで始まりました。 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ※ お友達の悩みや、辛いと思っている時の感情に寄り添うことも、もちろん大切だと思います。でもそこで自分じゃない人の感情に自分も飲み込まれる必要はないしそして本当にその辛かったり不幸な状況が嫌ならばその状況から抜け出すという選択をすればいいだけなんですよね。 そして行き着く先はやはり 目に前に起きている現実は自分の潜在意識通りに忠実に再現されている のです。だから今見ている現実が嫌だったら潜在意識を変えるのが先。 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 最初は 一日3行書ければいいかな なんて思ってた感謝自慢なのですが。。。 書き始めると意外と?止まらないのです そして今日は書き方のコツを、 今日のわたしの出来立てほやほやの感謝自慢を例にご紹介したいと思います。 今日のEmiの感謝自慢 ⭐︎ VISA申請のために、多くの友人た…

続きを読む

可能性を自分で勝手に狭めないということ

わたしはフランスで始めた登山が好きすぎて ある地元の登山グループの運営に関わっているのですが ここ最近、面白いなぁ〜と思う出来事がありました。 わたし達のグループでは よっぽどの悪天候でない限り雨天決行なのですが わたしが運営に関わるようになったここ一年は 天候による理由で中止になったことがありません (だってまぁわたしが《晴れる》っていう設定にしてるからねえっへん) でも時には前日の天気予報で大雨とか最高気温が0℃(標高が高い山ではこの季節特に!)などと予報される時もあるのですが。。。 そういう日は面白いくらいにドタキャンが多いのです笑 前日の夜中に「明日は天候悪そうで、自分はベストコンディションじゃないので(大抵は飲みすぎたとかの理由w)今回は見送ります〜」といったような理由なのですがそういう時に限って翌日、実際登山スポットに行くとめちゃ晴れて気温も最高この時期なんか特に紅葉がめちゃ綺麗なんてことが多いです。 あの天気予報は何だったんだ?ってくらいうまいこと我々登山グループのために天候が変わってくれます笑 (登山終えて下山して車乗った瞬間に雨ザーザーなんてこともしょっちゅうあります今日もそうだった。。。) でね 天気予報をみて明日は悪天候だからやめておこうって言ってドタキャンする人にかぎって 登山の写真をみて えぇーーーーっ悪天候の予報だったのに晴れたの?!?! なんだぁ〜行けばよかったぁ〜 って言うのですよ。 えぇーーーだって自分で勝…

続きを読む

まだ引き寄せの法則が信じられないあなたへ

引き寄せの法則 今となってはだいぶ一般的になりましたが 10年前はまだまだ え、なに言っちゃってんの?! と言われなくもない言葉でした。。。 かくいうわたしも 引き寄せの法則の鉄板 The Secretザ・シークレット角川書店 https://www.amazon.co.jp/dp/4047915572/ref=cm_sw_r_sms_awdb_Z7leAbJ67863S を当時の元カレからもらった時は 何度読んでも読んでも、4ページ目以降に進むことができませんでした。。。 それは、英語が難しいとかの問題ではなくて 読んでも読んでも一切理解できなかったんです。 かろうじてわかる部分でも 何言ってんだ?! くっだらない。。。 世の中 努力と根性と汗水流した苦労の結果で 欲しいもの得るんだろ と憤ってさえいました笑 当時のわたしは明らかにこの本を読む下地がなかった ということになります。 それから10年。。。。 今は なんでもっと早くこの本を読んでなかったんだ?! と思いましたが いやいや待てよ、読んでたじゃん 読んだけど、読み進められなかったんだよなぁ と思い出しました。 引き寄せの法則は 地球には重力が働いている というのと同じくらい この世の当たり前の法則 とよく表現されますが わたし自身それを証明するかのような毎日を過ごしています。(実際、毎日はその引き寄せによって引き…

続きを読む