オンライン茶話会5月29日(火)音声版

5月29日(火)13時半~開催しましたオンライン茶話会ダイヤさん こと PrimeTime21主催 吉川 大也氏幸枝ちゃん こと 和とわ主催 佐藤 幸枝氏えぃみ こと 和とわ 大柿 恵美子の音声版を編集しました。約一時間程度になります。◇音声版はコチラ◇

続きを読む

私がわたしの魂にすることが、世界がわたしにすること

以前にもコチライライラの正体を紐解く! の記事でお伝えしたことがあるのですが、 私がわたしの魂にすることが、世界がわたしにすること なのです。 こちらの仕組みに関しては、お友達でもあるタマオキアヤちゃんが コチラで詳しく説明してくれているので参考にしてみてください。 ちなみに、こちら 自分で実際に体験を紙に書く、可視化することが大切です。 どういう風に書いたらいいのか、わからない… という方のために わたしが久しぶりにイラっとした体験から どのように自分の心を紐解いていくのかご紹介したいと思います。 ◆───-- - - -            - - - – --───◆ 具体的には4つのステップで自分の心を紐解いていきます。 順序はこちら↓ ちなみに、こちら順序立てて、質問の答えを一つ一つ書いてみてください。 【1】 どんな状況・環境でイライラしたり悲しかったり、怒ったり…な感情が沸いてきましたか?   どのような状況・環境、相手がいる場合は、誰がどんなことを言ったのか等を書いてください。※ ここでは感情ではなく状況・環境・相手などを書いてください 【2】 上記【1】で書いた状況・環境で何をどう感じたのかを書いてください。 【3】 上記【1】で書いた状況で、相手にどうしてほしかったですか?もしくはどんな状況・環境であってほしかったですか? 【4】 上記【3】で書いた状況・環境・相手の反応が叶ったとしてど…

続きを読む

自分のほしい未来を持っている人をインストールする

先日、 ギリシャのある海岸の写真を見ていた時のこと・・・ ここに行きたいなぁ・・・ と思っていた時にふと思い出した事が。 参照 それは日本に住んでいた時の事 あるフランス人の友人Kが わたし 結婚なんて絶対しない 友達がギリシャで超素敵な結婚式をして その2週間後に離婚してたから。 Kなりに 新婚ほやほや?の友人が 二週間という期間で離婚してしまった事が悲しかったからだとおもうのですが・・・ でもね、 わたし、気がついちゃったんです。。。。 みんな、自分がほしいデータだけをダウンロードしている と。 例えば、 Aという事例(この場合は、友人が結婚2週間で離婚した)という事実を見て 『わたしもAという事例のようになりたくないから結婚しない』 とKは決めているわけです。 でも 結婚して一生幸せに愛しあって生涯を最高に幸せに生きた老夫婦がいたとして その事実(仮にBとしましょう)を見て 『わたしもBという事例のようになりたいから結婚する』 というふうに受け取る事だってできるわけです。 何が言いたいかというと 結局は 自分がほしい未来・自分がほしい現実・自分がほしいデータだけを それぞれ自分で選んで、 自分の中にダウンロードしているだなぁ という事。 これ、よくスピリチュアルの世界では言われてますよね、 あぁ〜・・・ …

続きを読む

【映画感想】わたしが視るFifty Shades of Grey

Fifty Shades of Greyという映画をご存知でしょうか?? 官能小説の映画化、という事で 世界各国で有名になったこの映画。 女性のための官能小説、と言われていましたが わたしが伝えきいたところによると、この映画が爆発的な人気になったきっかけは ユダヤ人の リッチで豊かすぎる暮らしに飽きた 主婦たちを発端に火が付いた、と言われています。 さてこちらの映画 若干、過激な性的表現が多いので、それに隠されてしまいがちですが どうしてサディスティック・ラブという表現方法が発生するのかが映し出されています。 わたし自身は、映画の序盤から これは男の方の育ちに何か過去があるな とピンときてからは どうしてサディスティック・ラブが起こるのか という研究?みたいな視点で見てしましました。 (実話ではないけど、どうして?っていう背景はよく理解できるかとおもいます) ※ 医学的・生物学的な見解ではありません まずそもそものお話だけど、 人って、誰か相手や物を通して自分を見ているのです。 自分自身は自分で見る事ができないから、 相手(人だったりモノだったり現象だったり)を通してみています。 なので、 サディスティックな行動を通して相手に興奮を与えたり自分を興奮させる という行為は 自分にサディスティックな行為を与えている というのと同じなんです。 だから、相手に何か行為をしているようで 本当はそれを自分にしている…

続きを読む

レユニオン島11日目 - イルカと戯れた日 -

レユニオン島滞在最後の週末、 今日はアニエスとアニエスの家族みんなでイルカやクジラを見に行く海のサファリツアーに参加しました☆ 今回、お世話になったのはコチラ Grand Blue レユニオン島で海のツアーやクルーズなどを主催している老舗のお店のようで 予約必須との事です。 わたしたしは、午前10時に港を出発し、約二時間のクルーズに参加。 イルカを見る、と言っても 相手はもちろん大自然の中に生きる野生のイルカなので イルカが必ず見れるという保証はありません。 こちらのGrand Blueの場合、仮にもしイルカやクジラなどがいっさい見れなかった場合は 次回、無料で参加できるチケットを配布してくださるそうです。 さて、そんなクルーズ、 今日はイルカさんに会う事ができるのでしょうか…??? 港を出発して約15分 なんとなんと フリッパーという映画に出てきた種類のイルカに出会う事ができました。 イルカはだいたい家族で行動するようで お父さんイルカお母さんイルカ子どもたち… という感じで、 だいたい4~5匹が群れになって行動しています。 かなり近くまで寄ってきてくれて、 まるで「ボンジュール!」って声をかけて来てくれているよう! その後は、今度は5~6家族(合計20頭近く)のイルカの大群に遭遇! こちらは、フランス国旗のように3つの色に分かれているバンドウイルカに! …

続きを読む

レユニオン島8日目 溶岩トンネルの中を歩く - 2 -

おりしも、火山の噴火とともにレユニオン島に到着したわたくし。 今度は、その火山の溶岩によって出来上がった洞窟を登山しました。 フラッシュの関係で明るく見えるけど、本当は、真っ暗やみ。 各自、電灯付ヘルメットと膝カバーの着用が義務付けられています。 また溶岩とはいえ、とても繊細らしく、 天井に頭をぶつけたりする事を繰り返すと、溶岩洞窟の天井に少しずつヒビが入り、 洞窟が損傷、へたすると天井自体が崩れ落ちる可能性もあるため 天井及び左右の壁は触らないように細心の注意を払いながら、四つん這いになって歩きます。 私は火山は男性性の象徴だなぁと思っていたのですが 溶岩洞窟の中も、まさに男性性を象徴するかのような形がいっぱい! 別に下ネタで言ってるのでもなんでもなくて 本当に心からそう思うくらい とんがっていたり、上に伸びたりしたに伸びたり、 くねくねとか 丸っとしたような女性性の象徴よりも 垂直型・線で描けるような形が多かったです。 ガイドさん兼博士のルディーは、みんなの笑いを取るために そういった下ネタも言っていたけど わたしは真面目に、 【火山は男性性の象徴なんだなぁ】 としみじみと思っていました。 さて、そんな洞窟探検も折り返し地点のこの場所。 ここから先は、高さ30cmほどしかないため、素人は進む事ができません。 ルディー率いる調査隊も、縄一つで一緒につな…

続きを読む

レユニオン島8日目 溶岩トンネルの中を歩く - 1 -

みなさんは、溶岩でできた洞窟を歩いた事ありますか笑??? 今回、2018年4月28日から観測されている噴火というのは マダガスカル島東方沖に位置する火山島レユニオン島は、中央に死火山のピトン・デ・ネージュ山、南東部に標高2632メートルのフルネーズ山がある。島面積の約40%を占めるフルネーズ山は、緩やかな斜面を持ち、登れる活火山として観光客にも人気だ。参照 このマグマは、上空30mまでも吹き上がるのだそう! 今回のこの火山登山、 もともと火山はいつ噴火するかわからないこと 噴火が起きても、実際にその日の天候によっては(島なので、天気がすぐに変わるため) 雲で噴火が隠れてしまって見えない事も多くあるそうですが わたしたちが登山した日は見事に雲一つない空。 というわけで最高の状態で火山の噴火を 自分の目で見れたわけですが… そんななか、 初めて溶岩でできたトンネルの中を登山?しました。 こんな経験初めてすぎて(というかレユニオン島では初めての経験が多すぎて笑) びっくりなのですが… マグマが吹き上がって地上に出て流れ出し、 溶岩がトンネルを作る事があるのだそう。 レユニオン島にはそういった溶岩トンネルがいくつか観測されていて ここ数年、フランス政府の許可が出た事もあり その溶岩トンネルの中を歩く(登山に近いけど、下る感じ)事ができるのです。 トンネルといても、整備されたトンネルではなく 溶岩ででき…

続きを読む

一歩一歩あるくということ レユニオン島二日目 シラオス登山

今日はレユニオン島にて登山二日目だったのですが ただただ 一歩一歩 あるく という事に集中した一日でした。 一歩一歩 いっぽいっぽ 目の前に広がる景色をただただ堪能し尽くす 雲の流れ 風の音 鳥のさえずり 木々が織りなす音 空の色 山の香り わたしの呼吸 何一つとっても 同じものなんて何一つない だからただただこの一歩を味わい尽くす 目の前にそびえ立った山を見て あの頂上を目指すんだ! と思って見る山は それはそれは高くそびえ立っていて 本当にこんなの登れるの。。。??? と思わずにはいられない けどね 実際に一歩一歩を積み重ねていくと いつの間にか自分が立ってた山の麓が したーーーの方に見えてくるようになるんです。 あれ いつのまにこんなに登ってたんだろう?? って思ってしまうくらい。 一歩一歩の中にも たまには後ろを振り返り、今まで自分が歩いてきた景色を眺め 目の前の景色も見るために立ち止まり 右に何が広がっているのま左に何があるのか上は?? 足元は?? とわたしの周りを360度 見回してみるのも楽しい 時には踏み出した一歩は ずるっと滑って尻餅つくこともあるけど ジャッジしない ただただそういう一歩だった 死んでないし、いいじゃん このためのお尻のお肉だったのか、と納得!!笑 そんな登山…

続きを読む

火との交流 - レユニオン島の火山の噴火を眺める -

ついにやってきたレユニオン島 南半球に位置するこのフランス 海外県は 今は真冬の季節にあたるのにも関わらず 30度前後の気温に、若干湿気がある程度なので とっても過ごしやすいです。 お友達のおうちになっているバナナ。 このバナナ 今までの人生で食べた中で1番おいしいバナナでした 私たちが一般的に見るバナナより一回り短いのですが その分、栄養がギュッと詰まっているのか 甘味だけでなくて、なんだかお芋のようにずっしり重いのです…! その中にフルーティーさもあって (なんだかワインの品評会のような言い方になってしまっているけど笑) とにかく甘くておいしい!! こんなおいしいバナナが年中なってるっていうんだから ほんと地球おかあさんって優しい…涙! お友達のおうちの家になっていたパッションフルーツ 甘酸っぱくておいちぃぃぃいいーーー これ、何だと思いますか?? 日本でも手に入るこのお野菜… 結構身近な野菜とおもいます さて わかった方は何人いるかな?!?! なんと 答えは。。。。!!! アボカド なんだそう。 私たちが普段スーパーで目にしているアボカドとは全然違うので まさかアボガドだとは思いませんでした! こちらの可愛いわんこちゃんはオパールという名前のまだ4か月にもなっていない仔犬ちゃん。 お…

続きを読む

要らない物の循環は、愛の循環

整体をやっていると常々 女の底力ってすごい… と思う事があるのですが 今日はそれを超える女ヂカラを実感する出来事が…!!! それは遡る事、フランスでの出来事。 私の周りには 難民 としてフランスに入国している人が数多くいます。 イラン、イラク、アフガニスタンなど、 今も戦争や内戦がある国から来ていたり 南アフリカなど政治的な理由から来ている人 東欧からくる子たちなど、理由も出身も様々。 でも、私は彼ら・彼女たちが 自国の全てを捨てででも、 フランスでのより良い生活を自分に許可し どんなリスクをおってでも、 フランスでの生活を手に入れたい という勇気と心意気に最大限にリスペクトしています。 そんな難民のお友達にいつも 日本のお洋服ってかわいいねぇ… 機会があったら(お金は払うから)買ってきて欲しいなぁ… と言われていたのです。 難民としてフランスにいる彼女たちは、 もちろん正規の雇用も得る事ができないので 政府からの援助金のみで生きています。 難民申請が通ると、最低限ではあるけれども援助金をもらう事ができます。それが発端となって、難民排除の運動があったりするのも事実です。 わたしとしては 自分がもう着なくなったお洋服だけでもフランスに持っていこう。。。!と思い 今回は自分が持っていける範囲のスーツケースは、 全て彼女たちへのお土産のお洋服にするつもりでいました…

続きを読む