成功者が必ず実践している人生台本を書こう

これはお金シリーズに限った事ではない 私が知っている成功者が必ず実践している 人生台本 これは引き寄せとかスピリチュアルとかそういったものを超えたとても科学的な根拠のある自分の人生を思い通りに生きる方法の一つです。 ※「成功」の定義は人それぞれなので、自分の思う「成功者」を思い描いてください。私が30数年で出会った、多くの経営者、起業家、セラピスト、投資家などなどわたしが「憧れる」人はもれなくこの方法を(多少の違いはあれど)実践されていました。中には年収50億円という方も… 目次人生台本って何?書くとどんな良い事があるの?どうやって書くの?4つの項目実際に書いてみよう!まとめ人生台本って何?さて、みなさんは人生台本って書いた事がありますか?おそらく、呼ばれ方は色々あると思います。引き寄せノート未来クリエイト 呼び方は何でもいいのですがつまりは自分が欲しい未来を自分に宣言するというもの。 そしてこのブログの読者様なら既にご存知かとは思いますが自分の中には宇宙と繋がっている神様がいるんです。 だから、自分に宣言するという事は 宇宙・神様・大いなる存在に宣言する と同じ事。 書くとどんな良い事があるの?シンプルに 書いた事が叶っていきます。 というか、書いた事に自分が近づいていきます。 どうやって書くの?ではここから具体的な書き方を。4つの項目1)行動(どんな場所に行きたいか、何をしたいか)2)仕事(どんな仕事をしたいか、どんな感覚を味わいたいか)3)収入(どれくらい…

続きを読む

2:8の原理

大好評のお金シリーズ(笑) とはいえ、 行動しろって言われても 何から行動すればいいのかわからないよーーー!!! という方。 大丈夫です。 今、あなたがこのブログに辿りついてくださりこの記事を読んでいるというのも 立派な行動なのです。 そうしたら、この勢いに乗って、ぜひ次のアクションへ! 自分が憧れる生活をしている人にメッセージしてみる。 会いに行ってみる。 どうやって、そんな憧れの生活を手に入れたのか聞いてみる。 その雰囲気を味わってみる。 先日も、わたし宛に個別メールでご連絡をくださった方がいましたが わたしは包み隠さず自分の投資方法や今までの経験をお話しました。 (個別に話さなければならない事以外は、全てこのブログででも公開しています) そうなんです。その一歩が、 多くの人が、いえ、ほとんどの人が踏み出せないのです。 これが2:8(にーはち)の原理 と呼ばれるもの。 新しい行動ができる人は、世の中の 2割 残りの8割の人は行動できない といわれる統計上の事実であり、理論なのです。 そして、 実は、 この2割の人を神様は全力でサポートしているのです。 正確には、全ての人をサポートしているのですが この2割の人は特別待遇とでもいいましょうか(笑) どうでしょう? えこひいきされたくないですか??(笑) じゃあ、この2割の枠に入るのにはどうしたらいい…

続きを読む

神様が一番嫌いなのは〇〇〇〇な人間

先日、珍しく父がある霊山にある神社に行きたいと言って神社にお参りに行って参りました。 霊山なだけあって、独特の雰囲気がありました。 さて、その神社でお参りをされている方もちらほらいたのですが お母さまと思しき方が、娘さんに 「ほら、ちゃんと〇〇欲しいですってお願いしなさい」 とお願い事を促していました。 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 神様が一番嫌いなのは、どういう人間か、皆様想像つきますか。。? 〇〇〇〇な人間です(笑)※四字熟語 例えば… 「お金欲しいです。神様、叶えてください!なんとかお願いします…!!!!m(_ _)m」 みたいな。 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ そう 他力本願 な人です。 神様は、それぞれの人の魂レベルをしっかり把握しています。 目的に向かって一生懸命に行動している人には、どこまでもサポートが付きます。 人との出逢いやめぐりあわせを通じて、様々なミラクルを起こしてくれるのです。 どうしたら、神様の無尽蔵のサポートを得られるのか。 それは、 あなたがまずは 行動する事。 怖いから不安だからわからないから失敗するかもしれないから… し、しっぱいするかもしれなくてこわいだよ… 言い訳なんていくつでも作り出せるものですが、 そうやって言い訳ばかり考えて、行動をしない人にはサポートのしようもありません。…

続きを読む

引き寄せの本質は自分が近づく事

引き寄せ という言葉は、今やどこででも当たり前のように聞くようになってきた時代になりました。 さてこの引き寄せ。 引き寄せる という言葉の通り 自分のなりたい姿、欲しいものを 引き寄せる というように理解されがちですが、 引き寄せの極意は 自分がなりたい姿に自分を近づける 事にあります。 そうなんです、 欲しいものや環境が向こうからやってくる のではなくて 自分が近づいていく のです。 【現状】 ー(わたし)-----------(なりたい姿・欲しい環境)---- であるとすれば 【引き寄せ】 ーーーーーーーーー(わたし)-->(なりたい姿・欲しい環境)---- という事。 ー(わたし)ー<---(なりたい姿・欲しい環境)---------- じゃないんです~~~ これ、勘違いされてる人がめちゃ多いなぁ~って感じたので かきました。 笑顔で生きたければまずは自分が笑顔を意識する♪

続きを読む

新時代・求められるは知識ではなく検索力

スマートフォンを使い、検索して答えを見つける新感覚クイズ番組 知識があるはもう古い?この番組で求められるのは知識ではなくどのようにして正確な情報に【たどり着くか】どういうワードで検索するか つまり検索力 あなたならどうやって検索しますか? というクイズ番組を家族が見ていました(わたしの両親は無類のクイズ番組好き。老化防止だそうです…笑) さて、この番組の趣旨を見て、いたく感動したわたくし。 そうなんです、何度もお話していますがAIの台頭によって 知識を保有する事 は無価値に等しくなってきたのです。 (それなのに、今だに記憶力のみを試そうとする日本の教育には…(;´∀`)💦💦💦デス) 人間の保有できる知識量と AIが保有できる知識量は、比べるのがおこがましいほどです。 いえ、本来人間もAIと同等の、いや、それ以上の知識を保有する事ができるのかもしれませんがその能力を使っていないのが実情。 そんな知識を保有する事が意味をなさなくなってきた時代、 ヒトに求められるのはまさに 検索力。 どのように必要な情報を手に入れるのか。 情報を検索する際に 正確な情報に辿りつくためのキーワードを考える能力。 このクイズ番組で面白かったのは、 例のごとく T大出身クイズ王芸能人ジャニー〇タレント と様々な方が出演されていましたがT大出身クイズ王が飛び抜けて検索力に優れていたのかというとそういうわけでもなかったのです。 T大の方たちが得意なのは受…

続きを読む

上(うえ)と繋がっているって、どこと繋がってるの?

最近よく見かける 「上」と繋がって降りてきた 「上」が伝えようとしている 等々、 スピリチュアル系の女性たちのそんな言葉を多く見かけます。 みんなが上(うえ)と呼んでいるうえって 一体何なのでしょうか?笑 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ アイディアが(上から)降りてきた といった表現もあるくらいなので 人は誰でも上と繋がって生きています というか繋がっていないとこの三次元の地球上に生きていません… なので、うえと繋がっているかどうか、というのは実はあまり重要な事じゃないと私は思っているのです。 なので、最初にお伝えした 上と繋がって… という表現を聞いた時に、わたしがいつも思うのは どこと繋がって??? という事なんです(笑) というのも、こんなご時世ですので、 繋がっている  事をアピールする人が多くなってきたのも事実なのですが 繋がっているソースがどこなのか という所までを理解している人って 本当はそう多くないんじゃないかなぁ~ と感じてしまう発現が多いのです。 変な話 低級な霊 に繋がる事もできるし 地縛霊 と呼ばれるような存在に繋がる事もできます。 自分が同じバイブレーション(振動数)を発していればね。 そういう存在と「繋がって」、「うえから降ろした」言葉を伝える事も可能なのです。 だからそういう存在がもし社会をもっとぐちゃぐちゃにしたかったら…

続きを読む

「もったいない」考察

Mottainaiもったいない という言葉がケニア出身の環境保護活動家(ノーベル平和賞受賞者)ワンガリ・マータイ氏によって2005年、世界に提唱されてから早14年が経ちました。 ワンガリ・マータイ氏参照もったいない、は元来仏教用語「勿体無い」は、もともと「不都合である」、「かたじけない」などの意味で使用されていた。現在では、それらから転じて、一般的に「物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている」状態やそのような状態にしてしまう行為を、戒める意味 参照 つまり勿体ないと感じるものは価値が十分に生かし切られていないから本来の価値をどのようにして生かすのか無駄にしないのか という事を指す言葉であり 勿体ない ≠ 捨てる事はよくない と免罪符のように打ち出す言葉ではない事がわかります。 そしてそれに追い打ちをかけるかのように2018年からはNetflixで近藤麻理恵氏ことコンマリが番組になった事も相まって Spark Joy トキメキ を大切にする片付け術、ひいては人生感、哲学が大きく取り上げられるようになりました。 Tidying Up with Marie Kondo Official Trailer [HD] Netflix 「まだ使えるから勿体ない」 という使い方をする人は、ただただ その人自身がモノやヒトと向き合う事を拒否する言い訳 として勿体ないという言葉を使っているという事になります。 本来の価値を十分に生かすためにはどう…

続きを読む

ヘッジファンド会社社長も語る投資の極意

その前に、みなさんにとって投資っていったいどんなものでしょうか? 先日もテレビを見ていた時に ある野球選手が、選手時代に稼いだお金を全部友人に投資として預けていたため引退後、ある日突然それがなくなってしまった というようなお話がドキュメンタリー風に流れていました。 それを見て私の両親が放った一言は 「投資なんかやるからだよ」 でした。 投資ってそんなに悪いモノなのでしょうか?!(個人的には、そういう印象操作が行われているように感じましたが…) さて、話戻って。 みなさんが思う、投資っていったいどんなものでしょうか? FX?不動産投資? 危険でリスキーな事? 危ないから手を出しちゃいけない事…?? どうでしょう、みなさん、ぜひ、この機会に投資に対するイメージを書き出して頂きたいのです。 ちなみに私も、不動産投資を始める前は投資に手をつけた事はなかったです(当時既にFXなどでかなり儲けて、副職として年間何百万も稼いでいた人も周りにいた時期にです) さて、最初の質問に戻ります。 わたしの思う投資の極意とは…? それは ウサギと亀の🐢になる事。 配当の高さだけに目を眩ませずに長期にわたって確実に資産を築くという視点 どうでしょう? 皆さんが想像していたものとは、真逆だったんじゃないかなぁ・・・と思います。 実は投資って、目の前のものに捉われずにきちんと長期的に自分の投資案件を分析する事が大切なのです。 そして私がもう一つ大…

続きを読む

お金の事を話そう!向き合おう!

会社に縛られない生き方、自由に生きる第一歩として不動産投資を開始。27歳時に都心を見渡す33階建タワーマンションを、30歳の時に地方木造アパートを購入。楽々悠々に人生を楽しみ尽くす実験をブログにて公開中 とプロフィールに書いているので、よく どんな経緯で不動産投資を始めたのですか? いくらくらい必要なんですか?? 興味あるけど、まったく無知でわからないのですが、自分でもできますか??? といったような質問を最近は多く頂くようになりました。 まず、わたしとしては 嬉しい の一言に尽きます。 なぜかって? お金のことって日本に限らず、話すのがタブーのように扱われてきた歴史がありました。 お金の話をする人は意地汚い人、ちょっと怪しい人 そんなイメージを、多くの人が今も持っているのではないでしょうか? (わたしの両親なんか、絶対お金の話は子どもの前ではしませんよ💦) どうしてそんな歴史があるのか等々は、また別の機会で説明するとして お金の💰ことって みんな腫れ物を触るように? まるで隠しておかなければならないように 話しちゃいけないことのように扱うけど 生活するために必要なものである事に変わりはないのです。 どうして好きな洋服やドラマの話はするのに お金の話はしないんだろう。。。 ってとても不思議でした。 まるでタブーのように扱われているけど 本当はお金こそ、ちゃんと向き合った方がいいのに… と。 だから、…

続きを読む

教育システムの崩壊から目をそむけるな

思い返せば、物心ついた時から 人の役に立つ事を仕事にしたい 子どもという存在を大切にしたい 子どもに明るい現実と未来を と(自分も子どもなのに笑)思っていました。 なので、高校生の時からボランティア活動など、当時にしてはかなり積極的に関わってきていたと思います。 そして私が【世界】という舞台を見据え始めた直接の理由になったのは 13歳の時にコロンビアのボゴタ鉱山で働く子どもの労働者に 着なくなった洋服を寄付する、というものでした。 私たちが(いやいやでも?!)学校に行っている時 同い年のコロンビアの子どもたちは、働かなければならない。 Children should be protected from child labour そんな、子ども労働者をなくそう という動きは、ユニセフなどを中心に多くの団体が活動されていますよね。 さて、 今日のわたしの気づきは、こちらの動画から来ました。 「くら寿司新卒採用“1千万”は安すぎる!」「“引きこもり”に変わる新しい言葉が必要!?」堀江が斬る【NewsPicksコラボ】 ほりえもんが提言する 【引きこもり=積極的自由】 と言い換える事によって、 学校や会社などに属さない事に対するネガティブなイメージを消し去ろうというもの。 たしかに、現代の日本では 引きこもり=悪 というような図式ができていますが、 果たしてそれは本当にそうなのか? そもそも、善か悪か…

続きを読む