フランスにおける新型コロナウイルスの発生状況(5月3日 20時)

本日も、在リヨン領事事務所から送られてくる フランスにおける新型コロナウイルスの発生状況(5月3日 20時) を参考に、フランスの状況を解説してみたいと思います。 フランスにおける新型コロナウィルスの発生状況報道概要R0(基本再生産数)とは?まとめ報道概要 (転載始)【報道概要】●ヴェラン連帯・保健大臣によれば,現在のフランスにおける基本再生産数(R0)は平均0.6とのこと(基本再生産数は,1人の感染者が免疫を持たない人の集団で生み出す二次感染者数の平均値。0.6は10人の感染者が平均で6人を直接感染させることを指す。通常,1を下回れば流行は終息に向かっているとされる)。(転載終) R0(基本再生産数)とは? R0とは、1人の患者が何人に感染を広げる可能性があるか を数値にしたものR0が高くなると、これらの措置を実施したとしても、効果が出にくくなると指摘されています。 R0<1 R0が1より小さい場合、感染症は終息していくR0=1 R0が1の場合、突発的な流行は起きないが終息もしないR0>1 R0が1より大きい場合、突発的な流行や感染拡大の恐れがある■COVID-19の場合:新型コロナウイルスの推定R0は条件によって大きく変わる。2020年3月26日時点の全体的な推定値:R0=2からR0=3中国・武漢で流行し始めた当初の推定最大値:R0=3.86都市封鎖後の武漢の推定値:R0=0.32からR0=1.58参照 AFPBP 現状、フランスのR0は1より小さいため、終息に近づい…

続きを読む

裏話有【体験談】フランス政府留学局にて面接を受けてきました(新型コロナウィルスの影響2020年5月時点)

過去記事はコチラ【体験談】フランス政府留学局にて面接を受けてきました【体験談】フランス政府留学局にて面接を受けてきました(補足) 目次フランス留学最新情報(2020年5月時点)フランス大学院側の事情2-1. 留学生数の割合2-2. 学費(マネー・マネー・マネー!)新型コロナウィルスの影響3-1. フランス人の場合3-2. 私の通う大学院での措置まとめフランス留学最新情報(2020年5月時点) 一年間のうち、今の時期は、フランスに留学を検討されている方は面接や書類の準備などに追われている頃かもしれませんね。 今回は、入学してみてわかった大学院側の事情と、そして2020年度留学を検討されている方にとってはとても大きな影響を与えているであろう 新型コロナウィルスの影響について、大学院内部の情報をシェアさせて頂こうと思います。 ※ 全てわたしの体験に基づく話で、正式なフランス政府留学局からの発表や公式な会見でない事をご了承下さい。 フランス大学院側の事情 留学生数の割合 大学・大学院によって、その学科に対して留学生の割合をおおよそ決めています。 わたしが学んでいるのは国際経営学(MBA)ですので「国際」と名前が付く通り 入学者も「国際性」が求められています。 ですのでフランス人の学生であっても英語能力の証明が必須となっています。 わたしの学科は、全23名のうち、留学生、もしくは国際的なバックグラウンドのある生徒が約4名 (うち、アジア系は私のみ・・・) つまり全体の20%未…

続きを読む

【体験談】フランス政府留学局にて面接を受けてきました(補足)

目次【体験談】フランス政府留学局での面接体験談・補足1-1. 面接での言語1-2. 志望校分野の異なる大学・大学院への応募に関して1-3. 全体的な印象おさらいまとめ【体験談】フランス政府留学局での面接体験談・補足フランス政府留学局での面接体験談に関してご質問を頂きました。 …(中略)今年留学を予定しています。 質問をさせていただきたいのですが、 面接はほとんどフランス語で行われたのでしょうか? また、2つの志望校は分野が違っていたと思うのですが、 最終目標にどちらも関連していて一貫性があるなら 認められるという印象でしたか? お答えいただけると幸いです。 宜しくお願い致します。(引用終)過去記事はコチラ➡【体験談】フランス政府留学局にて面接を受けてきましたクリアーになっていなかった部分もあるかと思いますので補足させて頂きます。 面接での言語面接はフランス語・英語・日本語の三か国語で行われました。 ① 前半 ⇒ フランス語 ②(応募した大学院が全て英語での授業だったため)英語力を確認するために、一通りの質問が終わった後は再度英語での質問 ③ 最後に日本語 ②の英語面接部分に関しては、フランス語のみで授業を行う大学・大学院であればないのかもしれません。 志望校分野の異なる大学・大学院への応募に関してわたしは分野の異なる二つの大学院へ応募申請をしました。 どちらにも興味があったし、どちらに受かっても私が人生でやりたい事になんら変わりはなかったので自分の目標を軸に、2つの異な…

続きを読む

フランスにおける新型コロナウイルスの発生状況(5月1日 22時)時点

本日も在リヨン領事事務所から送られてくる フランスにおける新型コロナウイルスの発生状況(5月1日 22時)を参考に、 現在のフランスの状況を検証してみたいと思います。目次フランスにおける新型コロナウイルスの発生状況(5月1日 22時)統計報道内容マクロン大統領が直接…まとめフランスにおける新型コロナウイルスの発生状況(5月1日 22時)統計(転載始)●1日(金),フランスでの感染者数計は604人増えて130,185人。入院者数は396人減り25,887人,うち重篤者は141人減り3,878人。病院での死者は125人増え15,369人,要介護高齢者施設での死者は93人増え9,225人。よって,国内の死者数は218人増え24,594人。●オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ地域圏の統計は22時30分現在,公表されていません。(転載終) なるほど、数日前の「統計なし」から、5月1日(金)時点では統計を取っているようですね。 ちなみにフランスは、上記の説明にある通り病院で亡くなった方、 要介護高齢者施設で亡くなった方、 そして自宅で亡くなった方の統計を取っていますが、 国によっては、 自宅で亡くなった方を統計に入れていなかったりするので 数字を比較する際に注意する必要があります。 報道内容(転載始)【報道概要】●本日分の「移動制限措置解除の判断目安となる県毎の感染状況・集中治療室稼働率の色分け」が発表された。●昨日分の上記の色分け(赤,オレンジ,緑)について,サンテ・ティエンヌ市…

続きを読む

組織の2つのポイント

私自身が事業に関わるようになって、 メンターから教わった大切な要素が二つあります。 自分自身へのインプットも含めて、今日はそれらをシェアしたいと思います。 目次組織の二つのポイントトップの人間の器同じ役割を持たないまとめ組織の二つのポイントトップの人間の器人間の器、とはよく聞く言葉ではありますが、それがいったい組織にどう影響するのでしょうか? 人間関係? 利益? ・・・ トップの器、または、組織のブレーンの器以上に、 その組織は大きくなりません。 トップがどれだけ大きな器を持っているか どれだけ受け入れられるか どれだけ大きく考えられるか どれだけ大きな懐を持っているか それによって組織そのものの規模も決まってしまう、という事。 それはただ単に利益を上げるとか、 ビジネスの規模を広げるといった 大きさの話だけではなく その深さ、にも繋がっていると私は考えています。 特に昨今のパンデミックの影響を受けて、人はよりつながりを求め より「御用達」としての関係を強めています。 つまり、どれだけ「御贔屓」になれるか。 そういった深さにも、このトップの器が関わってきます。 だからわたしはメンターに器がより大きくなるようなアドバイスを常に受けています。 同じ役割を持たない これは一般的な大企業とは違った、特に少数精鋭の組織だと余計に影響する事なのですが 人と同じ仕事をしてはいけない というのも、組織における大きなポイント。 誰かがやっている事…

続きを読む

フランスは感染者数の統計を取らなくなった??

毎晩、在仏日本領事館から日ごとの感染者状況や報道概要を日本語でメールにて発信してくださっているのですが2日前の4月28日から 『感染者数の統計はなし』 と書かれるようになりました。 統計が全くないという事は現状有り得ないと思うのですが本当にとっていないのでしょうか… 5月11日の外出禁止令の解除もあと2週間を切り 感染者数が減っているという事を強調したいのか… いずれにせよ 『今までと異なった報道』 に若干違和感を覚えたので記事にしてみました。 幸いな事に身近でCovid19に感染したという話は聞いていませんが それでも友人の祖父母が感染された… など やはりCovid19はまだまだ猛威を振るっているように感じます。 次回はまた、今後の経済の見通しや心構えについて少し書きたいと思います。

続きを読む

長期外出制限措置は結果的に経済回復が早い?!

今月11日に迫る外出制限措置の緩和に、何とはなしに心躍っているフランス人たちの雰囲気を日に日に感じる今日。 先日も、フランス人の友人たちと 今のニュースって何が本当かわからないから混乱する 各国が出している数字の取り方が国によって全く違うから比較できない特に、中国の感染者が今日は1人だけって…ほ、ほんとう??!?! これからまた第二波、第三波の流行が来るとしたら気持ち的に滅入る などなど 様々な話をしました。 ・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥… フランスをはじめ、世界中の多くの国がCovid19のパンデミックを 1918年に流行したスペイン風邪の様子と照らし合わせて対策を取っています。 アメリカのFRB連邦議会とMITマサチューセッツ工科大学が共同研究して3月26日に発表した論文では 今の日本に少し衝撃を与えるかもしれない内容が書かれていました。 (転載始)スペイン風邪の流行がより大きかった地域では、急激で持続的な実体経済の落ち込みが発生。しかし、調査結果からは「より早期に、より踏み込んで当局が市民生活に介入した都市では結果的に経済は悪化せず、むしろ流行終息後には流行前に比べ、経済は拡大する」という結論に達した。「非薬事的介入措置」(NPI)は死亡率の低下だけでなく、感染症流行の経済への影響も和らげるとした。(転載終)2020年4月9日ロイター・コラム:ロックダウン解除のタイミング、スペイン風邪から学べるかより つまり長期ロ…

続きを読む