ハッシュタグで見る医療現場の本当の姿


#filmyourhospitals

というハッシュタグをご存知でしょうか?

「あなたの(近くの)病院を撮れ」

という名のハッシュタグ。

欧米ではこのハッシュタグで医療の現場を情報発信する方も多く

これで見ると本当は病院の中は人がすっからかんで

「医療崩壊って本当なの?」

と疑問を持つ人も少なくないようです。


わたし自身は幸いな事に現状、病院に行く必要もなく

またフランスはインターネットによるオンライン診療も発達しているため

Covid19が騒がれてから病院に足を運んだ事はありません。


ただ身近に、今妊婦の友人がほんの数週間前、4月の上旬、

外出禁止令が発動している中リヨン市内の大きな病院に診療に行ったそうです。

その時の様子を聞くと

たしかに病院内はひとっこ1人いなかったのだとか…


そうか… #filmyourhospitalsでみられるように
本当は医療崩壊は起きていないのかな

と思う反面、


医療従事者が疲弊しきっている

これは紛れもない事実だと思います。

また日本ではあまり報道されていないかもしれませんが

医療関係者の近隣に住む住人が

「あなた(医療関係者)はCovid19に感染している可能性が高いから、どうかこのマンションには出入りしないでくれ」
「共有部に入る時は、マスクや手袋を着用して、どうか近隣の人を汚染しないでくれ」
「お前のせいでこの近くに住む住民はみんなCovid19に感染する!今すぐ出ていってくれ」

などと、置手紙や車にメッセージを貼られる事態が多発していて
医療に携わる事の疲弊と共に
周囲の心ない言葉や発言、暴力により痛ましい事件も多発しているようです。


●ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏バイヨンヌ市で,複数の看護師に迫状を送り付けた疑いで3人が拘束された。看護師と同じ建物の居住に感染の恐れがあるとして,看護師に引っ越しを命じる内容が記載されていた。容疑は手紙に残されていた指紋で直ちに特定され,看護師と同じ地区に住む男女1名と58歳の男性1名であった。
在リヨン良治事務所【フランスにおける新型コロナウイルスの発生状況(4月18日 22時)】メールより抜粋

空っぽの病院の写真だけで

その病院の違うフロアやICUなどの集中治療室などが空っぽだと言い切る事はできないかもしれませんが

病院によっては、院内での感染を恐れて、あまり緊急度を要しない場合は

病院に通う人が減ったため

病院経営者は(その性質上、広告などを打つ事もできないため)

経営危機に陥っている病院もある

との報道もありました。


看護師をしている友人などもいるので

現状をより詳しく直接聞いてみようと思います。



Stay Tuned!
(チャンネルはこのまま!)

この記事へのコメント