こんな時だからこそ、世界の芸術・美術を堪能してみませんか?【オンラインで無料で見れる世界の美術・芸術・映像特集】

ここ数日で、空気間が180度変わってしまったフランス… 数日前までは、お隣のイタリアで感染拡大がニュースになっていましたが、日に日にフランスでも感染者、志望者数が増え 3月16日からは、生活必需品以外の店舗はすべて営業停止になりました。そして3月17日正午(フランス時間)からは外出の大幅な制限措置が執り行われ、外出する際は外出理由を記載した証明書を携帯しなければなりません。 16日に郵便局に行ってきましたが、地元の小さな郵便局は閉まっていて、市内にある大きな郵便局まで行かなければなりませんでした。 その割には街に人通りも多くて(?!笑) 日曜日みたいな雰囲気を感じました。(だからこその外出制限措置なのかもしれませんが…) おそらく今日17日正午からはそんな光景も見られなくなるのでしょうか。 :+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・ さて そんなフランスではありますが、 世界中の多くの芸術関連の団体や協会が、オンライン上で無料で作品などを公開していますので、それを一覧にしてみました。 英語のものが多いですが、簡単なインストラクションを付け加えましたので参考になれば幸いです。 ※ デスクトップ画面からの閲覧が好まれるものもありますので、そちらは◇マークをつけます。※ Google Art & Cultureというアプリをダウンロードする必要があります 〇 美術関連(主に美術館) British Museum  ブリティッ…

続きを読む

【ビジネス英会話で必須の基礎知識】ポリティカル・コレクトネス (political correctness略称:P…

ポリティカル・コレクトネスを上手に使えないと海外ではこんな風にぼこぼこにされちゃうよ!(冗談ですが、でも本当に、疎外されちゃうと思います)目次ポリティカル・コレクトネスとは定義例なぜポリティカル・コレクトネスが大切なのか誰の基準で作られた言葉?自分の中の常識を疑ってみるまとめ〇 ポリティカル・コレクトネスとは ポリティカル・コレクトネスという言葉を聞いた事のある人は、いったいどれだけいるのでしょうか? 日本ではあまり馴染みのない言葉かもしれませんが 英会話を学んでいる方から 海外に住もうと思っている方まで 何かしらの形で日本以外の国と関わろうと思う人にとって このポリティカル・コレクトネスは必須と言ってもよい基礎知識です。 では一体、ポリティカル・コレクトネスとは何なのでしょうか? まずはその定義から見ていきましょう。 定義性別・人種・民族・宗教などに基づく差別・偏見を防ぐ目的で、政治的・社会的に公正・中立な言葉や表現を使用することを指す。「政治的妥当性」、「政治的公正」、「政治的適正」、「政治的正当性」、「政治的正義」などの訳語も使われる。参照なんだか難しい言葉が並びますが、簡単に言うと 様々な人種、民族、宗教、多様化している性別、年齢、身体的特徴…等々に対して 偏見的な視点での言葉や言い回しを控え、 別の言い方をする という事です。 例1  クリスマスの季節Merry Christmasという言葉をよく聞きますが、これはポリティカリー・コレクト(P…

続きを読む

フランスの図書館はネットも充電もできる雨の日に最高な場所

今日はフランスに到着して初めて 雨がしとしと降っております☔ こんな日は日は 図書館にでもいって ゆっくりフランス語の勉強でもしようかなか〜〜 と思い ここ Bibliothèque de la Part Dieu パール・デュー図書館 にやってきました。 モダンな外観よねぇ〜〜 いたるところに コンセントが🔌 もちろんwifiも無料で飛んでます 雨の日やちょっと落ち着いて勉強したい時などに良いかも ちなみに図書館内には Démocratie  という名前のカフェも入っていて そこで軽食やカフェなどを買うこともできます 図書館入り口にはセキュリティのおじさんがいるけど 「bonjour (ボンジュール)」 と言われたら 相手の目をみて笑顔で(発音はへたでも!) 「ボンジュール(^o^)」ととびきりに笑顔で挨拶するのがミソ

続きを読む